開発map

アヒル発電「波乗りダッキー」の開発プランのページじゃ。2019/6/20の特許出願から試作、検証、製品化までのおおよそのプランが書いてあるぞい。まず第一の関門はダッキーのプロトタイプの製作じゃの。第2の関門は検証と開発費じゃな。わしよりも有能なブレインにしっかり安全性を検証してもらわにゃ世には出せんからの。

Roadmap

特許の出願までにあーでもない、こーでもないと右往左往して、研究室はもうガラクタの山じゃ。開発は難題の連続じゃ。じゃから、このROADMAPに書いたとおりにはいかんことが多いじゃろ、じゃがみんなで力を合わせればきっと道はひらけるとわしは信じておるんじゃ。

開発ロードマップ

2019
6月 20

特許出願完了

ダッキーの基本システムの「自律走行型・密閉式・波力発電システム」の特許の出願が完了したぞい。すごいネーミングじゃが「プカプカ浮いて発電する」という意味じゃ。
7月 7

ホームページ(プレ)公開じゃ

たくさんの人に今の発電の問題を知ってもらうためにホームページを公開したぞい。2019年の七夕はいい天気じゃから短冊に書いた願いもきっと叶うじゃろ。「ダッキーで優しい世界に近づきますように…」
7月 12

TecPlanter締切

世界を変える技術の開発の支援をしてくれる「ディープテックグランプリ」という大会があるのじゃが、今年の大会の出場は見送りになるかもしれんのぉ。
8月 1

プロトタイプ検討:01

プロトタイプ01ではプロトタイプをいっしょに作ってくれる仲間探しじゃ。有名所の試作業者よりも「地球上で最もやさしい発電」に共感してくれる仲間と共に未来へ進みたいもんじゃ。
8月 23

プロトタイプ検討:02

プロトタイプ02ではプロトタイプの設計と費用の計算をするのじゃ。特許の内容を実現するために、どんな設計にして、プロトタイプ・ダッキーを作るまでにどのぐらいの費用がかかるかを計算するのじゃ。
2020
4月 15

資金調達

プロトタイプ製作にかかる費用がわかったら、次はその資金集めじゃ。「地球上で最もやさしい発電」の実現を支援してくれるサポーターを見つけにゃならん。制作費用が集まったら早速制作開始じゃ。
5月 3

プロトタイプ作製

プロトタイプ作製のスタートじゃ!なんとか年内にプロトタイプを完成させたいのぉ。破壊へ続いている未来への道を、みんなの応援パワーで軌道修正していくぞい。これがはじめの1歩じゃ。
8月 25

パーツ 検証

東京オリンピックも終わり、ちびっこたちが夏休みの宿題に追われ始めた頃、各パーツの検証をスタートじゃ。期待通りにパーツが動くのか、みんなでしっかり確認じゃ。
11月 22

プロトタイプ完成!

プロトタイプ完成じゃ!プロトタイプを使って、安全性はどうか、改善すべきところはないか、チェックを始めるのじゃ。ダッキーは世界初のシステムじゃからのぉ、やるべきことは盛り沢山じゃ。
2021
6月 20

実証実験

完成したプロトタイプを実際に海に浮かべて、問題点、改善点をあぶり出すぞい。地球上で最も優しい発電を達成できるか、楽しみじゃのぉ。ダッキーの特許を出願してからちょうど2年じゃ。ここまで進めてこれたことに…
2023
2月 14

量産試作

実証実験で得られたデーターをもって、世界を変えるダッキーの量産へむけて検討を始めるぞい。どうすればより安くより安全に作ることができるか、たくさん考えにゃならんの。大忙しじゃ。
2025
6月 20

完成!おめでとう!

「地球上で最もやさしい発電」を叶えるダッキーの完成じゃ。応援してくれたみんな、本当に感謝じゃ。これで原発、風力発電、太陽光パネルが減り、人に自然にやさしい世界へと続く道を歩きはじめることができるぞい。

アヒル発電が
大切にするもの

-Our Vision-

最後の木を切り倒し、最後の魚を獲り、最後の川を毒したとき、人はようやく、お金は食べられないことに気づくでしょう。

アヒル発電「波乗りダッキー」は「やさしさ」を最優先にしています。効率よりも「やさしさ」を、利益よりも「やさしさ」を、スピードよりも「やさしさ」を大切にしています。スピード重視、効率重視、利益重視の今の世界とは逆の方向を向いているのかもしれません。

「一秒をあせって起こった大事故」「効率を重視してないがしろにされた安全」「利益を求めて破壊された美しい自然」スピードや効率、利益を重視しすぎて疲弊してしまった人や世界をたくさん見てきました。

カナダの先住民族、クリー族にはこんな言葉があります。最後の木を切り倒し、最後の魚を獲り、最後の川を毒したとき、人はようやく、お金は食べられないことに気づくでしょう。

スピード、効率、利益を最優先した世界の行き着く先で、最後の木を切りたくはありません。私達の作るダッキーは使う人にも、作る人にも、動物にも、地球にもやさしく、ゆっくりだけど長く付き合える、そんな発電システムでありたいと思っています。

The world cannot live without love.

8つの約束

アヒル発電「波乗りダッキー」では「地球上で最もやさしい発電」を実現するために8つの約束を設定しています。人が作り出したものに人が苦しめられる、人が作り出したもので野生動物が死んでいく、このようなことを決して起こさないために定めた開発の根幹となる約束です。

地球上で最も優しい発電

アヒル発電「波乗りダッキー」は地球上で最も優しい発電を目指して開発されています。人にやさしく、鳥にやさしく、森にやさしく、海にやさしい、誰も泣かない、誰も傷つけない、地球のリズムで発電する、それがアヒル発電「波乗りダッキー」です。